歯科恐怖症でも通える歯医者

歯科恐怖症でも怖くない歯医者さん

おすすめリンク

歯周病治療が得意な横浜での歯科医院

歯周病治療で受診した方から評判の良い横浜にある歯医者をご紹介します。歯医者選びの参考にどうぞ。

歯科恐怖症になるとどうなる

歯科恐怖症の方は歯の痛みを感じても歯医者に行かず、痛み止めで一時的に紛らわすなどで、虫歯を放置してしまいます。 ひどい方になると、歯ぐきから外に出ている部分のほとんどが虫歯により溶けてしまい、原形がわからないほどになってしまうこともあります。 食事でほとんど噛むことができない状態になることもあります。

虫歯を治療しないとどうなるのか

過去に歯医者での治療で怖い経験をしたりや嫌な思い出があったりしたことで、歯科治療が怖くなってしまう「歯科恐怖症」といわれる方が増えています。
私の身の回りにもいらっしゃいますが、特にアレルギーでは無いのに、麻酔をすると気分が悪くなってしまうため、なかなか歯医者へ足が向かないのだそうです。
このような具体的な理由に限らず、アメリカでの調査では、およそ75%の方が歯医者へ行くのに何等かの恐れを抱えているという結果があるくらいです。
実は、非常に身近なものなのです。
その程度は軽いものから深刻なものまで様々です。
恐怖症の度合いによっては歯を削る時の音が聞こえるだけで手足が震えたり、動悸息切れ、冷や汗など、まるでパニック障害の発作の様な症状が出る方もいるそうです。
このような重度の恐怖症になると、歯医者へ行くことすらできなくなり、虫歯が悪化したとしても治療を受けることができず、体調にまで影響を及ぼすような重症になってしまう危険性もあります。
このようなことにならない為に、様々な対応を試みている歯科医があります。
もし、自分が「歯科恐怖症かも」と思われる要因があれば、何に対して恐怖を感じているのかを整理して、はっきりと自覚しておきましょう。
その上で、その恐怖を拭い去ってくれるような歯科医を探し、機会があれば、歯科検診やクリーニングという名目でも良いので、歯科医と信頼関係を築いておくようにすると、いざというときに安心して通院できます。

恐怖を克服するために行える治療方法

歯科恐怖症になってしまった原因の一つには施術の際、歯を削るドリルの音や伴う痛みに対する恐怖心があります。 こういった恐怖を感じさせない治療法を用いる歯医者さんも多くなっています。 削らない、痛みを感じさせない治療法とはどのようなものなのでしょうか。